POLICY

政策

積極投資か
緊縮財政か。
国や県との連携で
成長できる街に
変える。

緊縮財政で現状を維持するだけでは、
もはや「課題先進都市」横須賀の成長は望めません。
国や県とも連携し、未来に向けた投資を進め、
経済を活性化させる。人口流出に歯止めをかける。
「3つのヨコスカ復活計画」は、多様な個性を持つ横須賀を、
色彩豊かな街に育てるための第一歩です。
市民一人ひとりが、横須賀らしい人のつながりを感じられるよう、
横須賀の復活と進化に全力で取り組んでいきます。

  • 未来への投資こども編
    • ・幼稚園・保育園の段階的無償化
    • ・学童クラブの保育料など保護者負担の軽減
    • ・中学校給食の早期実現
    • ・小児医療費助成を中学校3年生まで拡充、所得制限を撤廃
  • 未来への投資くらし編
    • ・コンビニエンスストアでの住民票交付
    • ・高齢者、女性、障害者の雇用環境の改善
    • ・NPOなど市民活動の積極的支援
  • 未来への投資まちづくり編
    • ・介護ロボットの活用で介護先進地域を実現
    • ・中小企業向けアドバイザー制度の設置
    • ・インターナショナルカレッジ誘致など英語教育の充実
    • ・ナショナルトレーニングセンターの誘致

ヨコスカは、
こんなもんじゃない!
具体的な
解決策がある
「ヨコスカ復活計画」

  • 横須賀東地域 横須賀東地域
  • 横須賀西地域 横須賀西地域
  • 横須賀南地域 横須賀南地域
  • 横須賀北地域 横須賀北地域
中心市街地の活性化
横須賀中央駅周辺や、さいか屋跡地の再開発を推進、
横須賀市の顔となる、ワクワクする町に。
土地の用途変更など、規制緩和による民間活力の促進。
海洋都市横須賀の実現
横須賀芸術劇場や横須賀美術館、
うみかぜ公園や馬堀海岸の遊歩道などの魅力的な公園やイベント、
展示を通じ、海洋都市横須賀を体感。
浦賀ドック跡地の再生
横須賀の誇りの一つ、浦賀ドックを海のテーマパークに再生し、海洋都市横須賀の象徴に。
中心市街地からの航路で、リゾート気分を味わいながら来訪。
海辺の散策路の整備
美しい海岸線や一望の富士山、水平線に沈む夕陽など、
海洋都市横須賀の魅力を満喫できるよう、遊歩道、サイクリングレーンを新たに整備。
交通渋滞の解消
日々の生活や物流、マリンレジャー目的の観光客が渋滞から解放されるよう、
国道134号を拡幅。
西海岸の開発
三浦半島随一の景観を誇る西海岸の魅力がさらに高まるよう、
用途地域を見直し、西海岸の開発を促進。
JR久里浜駅周辺の活用
JR久里浜駅西側の国有地を再開発し、南地域の新しい拠点に。
安心した生活に必要な充実した医療機関を整備。
鉄道の利便性向上
JR久里浜西口を作り、京急の乗り換えをもっと便利に。
国際物流特区を目指した経済振興
東京湾の入り口となる久里浜港を、横須賀の物流拠点として再整備。
国道357号の延伸
国道16号の渋滞解消で、横浜方面の通勤ラッシュを緩和。
横須賀の農産物、工業製品の物流コストを下げ、地域の経済を元気に。
追浜駅前再開発
商業施設、医療機関や福祉施設、文化活動の場を集め、賑わう町の中心に。
バスやタクシー乗り場、自転車置き場に駅舎からスムーズな移動を実現。
何度も訪れたくなる周遊ルート
鷹取山~田浦梅の里~塚山公園の谷戸の散策、
第三海堡~貝山緑地~ヴェルニー公園の歴史探索など、
多くの人に何度も楽しんでもらえる周遊ルート作り。
コミュニティバスによる地域活性化
谷戸の高台や道路が狭く路線バスが通れない地区と、
駅や病院、商店街を結ぶ「地域に無くてはならない足」を積極的に支援。

Copyright(c)2017 Kamiji Katsuaki All Rights Reserved.